冠婚葬祭 服

葬儀に参列する場合の服装のマナー

冠婚葬祭の基礎知識を持っている事は大人としての常識です。
また次世代に継承していくことも大切なことです。
しかし非日常的であるためによくわからずタブーなことをしてしまっている場合もあります。
いざという時恥ずかしくないように正しいマナーを身に付けましょう。
冠婚葬祭の中でも通夜や葬儀は予期できない儀式です。
故人や悲しみに暮れる遺族の失礼にならないような参列を心がけます。
服装は男性は黒の略礼服が主流です。
黒のスーツを着て中は白無地のシャツに黒無地のネクタイをします。
ネクタイピンは付けません。
靴は光沢のない内羽根式の黒いものを履きます。
金具の付いているものは避けましょう。
髪はきちんと整えます。
女性はいわゆるブラックフォーマルといわれる黒いワンピースやアンサンブル、スーツを着用します。
夏でも五分丈の袖のもので肌を露出しないようにします。
足元は黒いストッキングに金具や飾りのない黒いパンプスを履きます。
髪が長い場合はすっきりとまとめましょう。
化粧は薄めにしてネイルは落とすのが礼儀です。
参列者として故人と最後となるお別れの場で静かに冥福を祈りましょう。

Copyright© 冠婚葬祭 服 All Rights Reserved.