冠婚葬祭 服

仮通夜、通夜の服装について

冠婚葬祭の一つである、仮通夜とお通夜の服装についてです。
仮通夜の場合には、基本的に家族や親族、親しい友人が中心となって訪れるものなので、着替えする時間もなく急いでかけつけたという意味がある平服が一般的です。
フォーマルスーツでも構いませんが、喪服の場合は死ぬのをわかって用意してたと取られることもあるので、相手によってはよくないかもしれません。
しかし、いくらフォーマルではないといってもあまり派手なデザインやカラーなどはひんしゅくを買ってしまう可能性があるので、地味なデザインや色にしてください。
装飾品などは外していった方がいいです。
お通夜の場合は、お葬式と同様、男性は黒のフォーマルスーツ、女性は黒のフォーマルスーツか黒のワンピースで、ストッキングは必ず黒を着用してください。
髪の毛もきちんとまとめましょう。
お通夜の場合はほぼお葬式と同様の形で訪れても大丈夫です。
職場などの場合は、周りの人と合わせた方がいいので、打ち合わせをして訪れることも大切です。

Copyright© 冠婚葬祭 服 All Rights Reserved.