冠婚葬祭のうちの葬の時の服装

冠婚葬祭の冠は成人式、婚は結婚式、葬は葬儀、祭は先祖供養の法要を意味します。
そのうち突然連絡があって悩むのは、葬儀の場合です。
普通の葬儀の場合、通夜と葬儀・告別式が行われます。
以前は通夜は「取り急ぎ弔問に訪れる」と言う意味で地味なスーツなどで良かったのですが、現在は黒の喪服着用が一般的です。
喪服には正式と略式があり、遺族は正式の物を着用しますが、参列者は遺族以上の服装をしてはいけませんので、略式の物を着用とします。
男性はブラックスーツで、シングルでもダブルでも三つ揃いでもかまいません。
白のカッターシャツに黒ネクタイ、靴も黒です。
女性は黒のアンサンブルやスーツやワンピースです。
夏でも肌を見せないように、五分袖まであるものにしましょう。
靴とストッキングは黒です。
アクセサリーは、着用しません。
ただ一連の真珠は涙を現すものとして着用してもかまいません。
冬のコートは会場へ入る前に脱ぎましょう。
毛皮や皮性の物は殺生を意味しますので、このような場合は身につけないようにします。

大阪 霊園
総額100万円以下で建てられる霊園をご紹介

Copyright© 冠婚葬祭 服 All Rights Reserved.